searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

かえるさんのプロフィール

住所
兵庫県
出身
大阪府

自由文未設定

ブログタイトル
かえるの気長な生活日記。
ブログURL
https://kaeru.orio.jp/
ブログ紹介文
資産形成に役立つ直販投信、インデックス投資、個人型確定拠出年金(iDeCo)、バリュー投資を自ら実践・FPとしてやさしく紹介していきます。
利用SNS・
コンテンツ
Twitterアイコン

Twitter

https://twitter.com/kaeru_onou
Instagramアイコン

Instagram

https://www.instagram.com/kaeru_onou
ブログ村参加
2006/10/04
本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、かえるさんをフォローしませんか?

ハンドル名
かえるさん
ブログタイトル
かえるの気長な生活日記。
フォロー
かえるの気長な生活日記。

かえるさんの新着記事

1件〜30件

  • 2021年7月末 運用状況(オリンピックが熱い!)

    オリンピックが非常に良い感じですね。仕事中の一番の誘惑が、オリンピックになってしまいました! 情報が入ってしまうと気になってしまうので、入らないよう気を付けています。盛り上がっているのが、本当にうれしいです。 さて投資の方はと言いますと大きな動きは全くございません。外国株の割合が低いので、好調さについていけていませんが、日本株多めが自分のポリシーなので、スタイルは変えずに継続していきたいと思っています。 一方で、コロナウイルスについては、猛威が続いていますね。日本で感染者が急速に増えていますが、世界を見ても厳しいようです。イスラエルでは3回目の接種、アメリカでもワクチンを接種いても、マスクを推…

  • 改めてリバランスのタイミングを考える

    分散投資をされている人にとっては大事なポイント 「リバランスはどのようなタイミングがおすすめですか?」という相談を世界に投資する株式ファンド1本投資している方から受けたことを思い出したので、個人的な考えを整理しておきたいと思います。 リバランスとは、ポートフォリオを構築(投資対象を実際に組入れ)した後、相場変動などで変化した投資配分比率を見直し、値上がりした資産・銘柄を売り、値下がりをした資産・銘柄を買い増す、などによって、ポートフォリオの構成を最初と同じ比率に修正していく手法のことです。 リバランス / 大和アセットマネジメント株式会社 と言うことで、決めている配分から崩れると、元に戻す作業…

  • FPが解説しているからと言って良い記事とは限らない

    個人型確定拠出年金の中でも利用者が多い、SBI証券と楽天証券についての記事が目にとまったので取り上げてみたいと思います。 内容が非常に根拠の乏しいものでしたので、申し訳ないのですが辛口でコメントさせていただきます。 www.finasee.jp www.finasee.jp 安定投資のローリスク・ローリターン型➡ 流行りの米国株を入れたいポートフォリオ 楽天版:1-1 海外債券25%+国内株式25%+米国株式50% たわらノーロード先進国債券 25% 三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンド 25% 楽天・全米株式インデックス・ファンド 50% このポートフォリオがローリスク…

  • 日本の個人株主はなんと6000万人! 実は微妙なデータの取り方でした

    日本企業の株主の裾野が広がってきた。東京証券取引所などが7日発表した2020年度の株式分布状況調査によると、21年3月末の個人株主数は1年前から308万人増えて過去最高の延べ5981万人になった。過去の失敗体験にとらわれない若年層が、新型コロナウイルス禍で相場が下落した局面で参入している。 コロナ禍で若手が参入、個人株主308万人増 東証調査: 日本経済新聞 興味深いニュースが出ていましたので、取り上げておきたいと思います。これまでなかなか進まなかった『貯蓄から投資』ですが、ここに来て流れが変わってきているようです。いつの間にか個人の株主数が6000万人、人口の半分が株主になっている!と思った…

  • プラスだと報道されにくい年金運用 2020年度は37兆円のプラス

    日本の公的年金の一部を年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が運用しています。運用して、いつ引き出されはじめるかと言いますと、50年先の予定になりますので、あまり騒ぐことは意味はないのかもしれませんが.....。 さて、運用方針は、「長期・分散・低コスト」 シンプルな運用方針になります。気になる方は、GPIFのサイトをチェックしてみてください。 www.gpif.go.jp 2020年度のリターンは37兆円、累積は95兆円のリターン 年金の運用がマイナスですと、国会でも取り上げられ報道されるのですが、プラスだと静かなのは、個人投資家の多くの方は感じておられるかもしれません。微力ですが取り上…

  • 2021年6月末 運用状況(ワクチンとオリンピックがいよいよ)

    私の周りでも、コロナウイルスワクチンを接種された方が出てきているようです。私も打とうと思っていますが、接種券が来ていないので動けていません。 さていよいよ7月となりオリンピックまであと少しとなりましたが、スポーツ競技としての楽しみと、開催中、開催後の混乱と言う点で心配しておりますが、個人的にはテレビ観戦で大いに楽しみたいと思っています。 感染対策がうまく行く事、ワクチンの効果がでることを願っています。 VT(全世界株式)のチャートですが順調ですね 3年のチャートをピックアップしてみましたが、コロナショックはなかったような株価の勢いになっています。 あらためて、投資しておくことの大切さ、タイミン…

  • 取材内容が(6/30)日経新聞夕刊に掲載されました

    先日、日経新聞の記者さんに、一般NISA・つみたてNISAの口座の選び方について取材をお受けいたしました。ファイナンシャルジャーナリストの竹川美奈子さんのコメント掲載されていました。 【有料会員限定]】の記事ですが、無料会員でも毎月10本の記事を無料でご覧いただけますので、よろしければぜひお読みください。 r.nikkei.com コメントとして取り上げて頂いたのは、"つみたてNISA”の口座選びのところでした。一般的には、手数料が安く、商品数の多いネット証券がよくおすすめされていますが、まずはチェックして欲しい金融機関として、お給料の入金口座やメインバンクと私をお伝えしています。 つみたてN…

  • ファンドラップの"まずさ"が浮き彫りになりました

    金融庁より、資産運用業界の高度化に向けて分析した資料の2021年版が発表されていました。ちなみに高度化とは、『業務価値を高めること、事業・商品価値を高める』ことを意味するそうです。 ぜひ使っていきたいカッコイイ言葉ですね。 www.fsa.go.jp さてその中で、気になるデータ、「ファンドラップ専用ファンドの5年シャープレシオ」がまとめられているのですが、興味深い結果となっていました。 そのグラフを見ると、バランスファンドのシャープレシオの平均を下回っているようです。ちなみにファンドラップ(ラップ口座)とは、一任運用と言いまして相場の好不調にあわせ運用し希望にあった運用をしてくれる仕組みにな…

  • いいですね! マネックス証券が「ミニ株」の手数料撤廃

    あまり単元未満株で取引きすることはないのですが、マネックス証券が嬉しい取り組みを発表してくれました。少額でも株が気軽に購入できるようになるのは嬉しいニュースですね。 マネックス証券は7月、1株から取引できる「単元未満株」について、国内銘柄の買い付け手数料を撤廃する。大手インターネット証券では初めて。手元資金が少なくても株価の高い銘柄を少額から投資しやすくする。投資初心者など資産形成層の需要を取り込む。 マネックス、「ミニ株」の手数料撤廃: 日本経済新聞 ちなみに1単元とは、株を売買する単位のことで上場会社は100株(一部例外除く)を1単元としています。ですので、A社の株価が300円であれば、3…

  • がん保険、あなたには必要ですか?

    SNSなどで「保険は不要!」と言うやりとりを見かけることがあります。いつも思うのですが、よく詳しく知らない方の保険事情にまでアドバイスできるなーと思うこの頃です。 特に、医療保険やがん保険については、その話題になりやすいように見えます。今回は、その中でも"がん保険"について、考えてみたいと思います。 治療費から考えるとがん保険は不要ではないか 入院時の治療費/回*1 入院外の治療費/回 胃の悪性新生物 67万1,648円 9万1,366円 気管及び肺の悪性新生物 64万4,408円 3万8,482円 乳房の悪性新生物 57万2,085円 5万3,583円 白血病 151万9,743円 8万2,…

  • 本当に毎月分配型ファンドの残高が小さくなった

    ここ2,3年で投資を始められた方には、馴染みがないかもしれませんが少し前まで"毎月分配型ファンド"と言って、毎月、分配金が出るファンドが多く売れていました。 売れてはいましたが、本当の意味での人気があったかは疑問が残るところではありますが、直近10年の状況が投資信託協会のデータにあったのでピックアップしてみました。統計データ - 投資信託協会 ピーク時の2014年には40兆円、今では半分以下に 2020年はコロナショックはありましたが、アメリカのダウ平均は初の30,000ドル突破・S&P500指数も高値更新、日経平均は2021年ではありますが、1990年以来となる30,000円に到達と、ここ数…

  • お金に関する「○○論」は理解できますが、考え方を伝える仕事してます 

    すいません。タイトルが長くなりました。FPのお仕事をしていると、あれもこれもが気になることがあります。相談と言って、そのキッカケには2種類あると思います。 どうしたらいいのか分からないので相談 自分の話を聞いて欲しい、共感して欲しい、背中を押して欲しい 特に2の場合は、その「あれもこれも」が気になるので、迷惑になるかもしれませんが反対のことであってもお伝えしております。 これは「なんで教えてくれなかったの」と言われるのが怖いのではなく、知ったうえでより納得して頂きたいからになります。 よくある○○論、実はFPにとってはすごい楽な主張なんです。同調すればあっという間に相談を終えられるんです。ちょ…

  • iDeCoが移管される前に途中経過を報告

    始めるときには半年間悩んだのですが、いざ始めるとそっと見守るだけのiDeCo(個人型確定拠出年金)。なんとか10年以上継続することができました。 iDeCoを移管することになるので、その前にこれまでを数字で振り返ってみたいと思います。 改めて好調だった相場に感謝です 始めた当初は自営業。かつリーマンショック後で、仕事面でもお金面でも不安を感じているときでした。 わかりやすい書籍もありませんでした。今では良い書籍がたくさんありますので、うらやましいです。 一番やさしい! 一番くわしい! 個人型確定拠出年金iDeCo活用入門 図解 知識ゼロからはじめるiDeCo(個人型確定拠出年金)の入門書 途中…

  • 資産形成のお供が1割しか使われていないなんて!

    投資、資産形成というと、リターンが得られる手法に注目されがちですが、FPとしてお伝えしたいのが、資産形成のお供となるお得な税制優遇制度になります。 お得な制度ってどんなものがある? 資産形成をサポートしくれる制度ですが、大きく分けると2つのタイプになるでしょうか。 利益が非課税になる制度雀の涙ほどの利息であっても、利益に対しては20.315%の税金を納めることになりますが、それが非課税になる制度です。NISAやつみたてNISAが対象になります。他にも、企業型確定拠出年金DCや個人型確定拠出年金iDeCoも、課税がされませんし、特別法人税1.173%が凍結され課税されていません。 所得控除がある…

  • REIT(リート)について知っておきたい2つのポイント

    お伝えしているポイントは2つ 投資をはじめられた方や、NISAの相談ではあまりないのですが、企業型確定拠出年金の相談を受けていると、よく聞かれる質問の1つな気がします。投資のイメージとして、株式や債券はイメージされておられるのですが、REIT(不動産)ってなかなかイメージが難しいですよね。 なのに、確定拠出年金の商品数が少ないなかで、REITがあるということで気になる方が多いのではないかと思っています。せっかくなので、自分なりにも整理してみたいと思います。 ミドルリスク・ミドルリターンではない よくREITはミドルリスク・ミドルリターンと紹介されることが多いのですが、ここ10年は株式と同じぐら…

  • 2021年5月末 運用状況(緊急事態宣言延長中です)

    ワクチンの接種が始まり少し明るいニュースが増えてきたでしょうか。一方で緊急事態宣言中のモラル(路上飲食など)の悪い話も取り上げられており、残念な気持ちでございます。あと少し頑張りましょう。 投資で気になるニュースと言えば、オリンピックになります。いまの所、開催予定のようですが、日本や世界に何か影響があるのか気になります。 投資の方で言えば、今月は仮想通貨の大きな下げが話題になりました。新垣結衣さんの結婚と重なり、投資家の間では盛りあがったようです。 東証の市場再編が気になっています。 あと勉強不足なので、調べないといけないのですが、東証の市場再編が来年予定されています。それを見越してか企業にも…

  • そろそろ年金不安の話をやめませんか

    年金は貰えなくなるんでしょうか。 相談ではあまり質問されることはないのですが、マネーセミナーの時には多くなる不思議な質問です。公的年金については、割り切って考えるとイメージしやすい仕組みになっています。 不安をあおられる前に、公的年金の仕組みを知り落ち着いて欲しいと思います。 ちなみに、厚生労働省が、財政検証と言って今後の年金がどうなっていくか、労働力・物価・賃金などシミュレーションをいくつもしています。大きなポイントに絞ってではありますが、不安を解消出来ればと思います。 www.mhlw.go.jp 高齢者をささえる不公平感が高まっている 不信感の大きな理由としては、以下の図ではないでしょう…

  • FUNDINNOを通じファミリーツリーに出資しました

    FUNDINNOを通じ、今年2社目となる出資をいたしました。 今回は、エンジェル税制のタイプAの適用企業、設立5年未満の会社への投資となります。kaeru.orio.jp 果樹のオーナーになれるファミリーツリー 木のオーナー、オーナーと言っても1年になる果実を収穫する権利ですね。牡蠣の養殖いかだの共同オーナーや、田んぼでお米の収穫の共同オーナーなどと同じようなイメージでしょうか。 famitree.jp 農家さんにとっては、安定した収益の確保でき、すべてを出荷できるでしょうから捨てることも少なくなる。消費者にとっては、体験と一本の木をまるごと収穫。 これまでは流通するまでのコストがかかっていま…

  • NHKの製作費って大きすぎるように見える

    NHKの番組を見ていて、映像やセット、ちょっとした声だけでも有名なタレントさんが使われていたりと、作り方が豪華だなーと感じることがあるので、ちょっと調べてみました。 映像を提供しているので、作るのにもお金がかかりますよね。そこで作るお金、製作費を決算書から見てみました。受信料を払っているので、思う所を少しぐらい書かせていただきます。 www.nhk.or.jp 製作費で2400億円! スポーツ・報道に力を入れている 決算説明書にジャンル別の製作費が出ています。トータルとしては、3600億円ですが、これには、人件費や減価償却費が含まれているので、除いたグラフもあるので見てみると2400億円も使わ…

  • SBIソーシャルレンディングが事業から撤退するようです

    クラウドファンディングについて残念なニュースが出ていました。 貸付型については投資をしていないのですが、気になるニュースだったので取り上げてみます。 SBISLは、投資家から集めた資金を太陽光発電事業などに融資するファンドを運営している。しかし同社は2月、このファンドの貸付先をめぐり「重大な懸案事項が生じている可能性がある」として、第三者委員会での調査を開始。金融庁も同社に報告命令を出していた。4月下旬には第三者委が、ファンドの資金が目的外に使われるなどの不正を認定していた。 この問題では、SBISLが既に出資者に元本を全額返還する方針を公表。親会社のSBIHDは2021年3月期決算に145億…

  • 保険会社のCMは誰に訴えかけているのか考えてみた

    ドラマ・アニメ、バラエティが好きなので、テレビを毎日見ています。当然、CM(コマーシャル)も見るのですが、保険会社のCMはよく見かけるので、そのCMが誰に訴えかけているのか、素人目線ですが考えてみたいと思います。 ※保険会社のCMですので、必要性を訴えかけるものがありますが、不安をあおるためではなくマーケティング的な視点としてご覧ください。またYoutubeの動画を貼り付けていますが、掲載動画がなくなっていたらすいません。 CMの役割を考えてみたいと思います。保険会社のCMの場合を考えると3テーマに分けられるような気がします。 知ってもらうため 切り替えてもらう、入ってもらうため 続けてもらう…

  • FUNDINNOを通じOsidOri(オシドリ)に出資しました

    FUNDINNOを通じ、今年初めて(累計では5社目)となる出資をいたしました。 今回は自身の仕事、ファイナンシャルプランナーに関係がありそうな会社なので、非常に楽しみでございます。 kaeru.orio.jp kaeru.orio.jp kaeru.orio.jp 金融マネジメントアプリの『OsidOri(オシドリ)』 金融マネジメントアプリ『OsidOri(オシドリ)』 これも家計簿アプリなのでしょうか。 特徴的なのは、家族でお金の管理ができるアプリ、金融マネジメントアプリの『OsidOri(オシドリ)』に出資いたしました。 個人的には、家計簿アプリのZaimを家計簿としてではなく、資産管理…

  • 保有していた「新興国中小型株ファンド」が償還されていました

    10年ほど前に、ネット証券4社(当時は、SBI証券・楽天証券・マネックス証券・カブドットコム証券)が、資産倍増プロジェクトを立ち上げました。 www.rakuten-sec.co.jp その中で、ネット証券専用のファンドが何本か設定されましたのですが、今チェックしてみると、あまりうまくは行っていないようです。その中の1本に投資をしていたのですが、先月に償還されたようです。 お知らせを見逃していました.....。 【償還済み】日本応援株ファンド(日本株) 【償還済み】新興国中小型株ファンド 新興市場日本株 レアル型: 純資産総額 5.7億 アジア新興国株式インデックス: 純資産総額 26.9億 …

  • コツコツ投資家がコツコツ集まる夕べ(6/1 20時)

    嬉しいお声がけを頂いたので、ゲスト出演させていただきます。個人投資家のrennyさん、ファイナンシャル・ジャーナリストの竹川美奈子さん、イボットソン・アソシエイツ・ジャパン㈱ 月刊「投資信託事情」発行人・編集長の島田知保さんが幹事を務められています。note.com コツコツ投資家がコツコツ集まる夕べとは: 投資信託等を活用してじっくりと資産形成を目指す「コツコツ投資家」の皆さんの情報交換、懇親のための交流会です。東京の他、札幌、金沢、富山、京都、大阪、福岡、熊本他で行われています。 今の時期ですので、コツコツ東京が主催ですがオンライン。ですので、関西のわたしも参加。 色んな方にお会いできるの…

  • 2021年4月末 運用状況(関西3府県は3回目の緊急事態宣言)

    投資の話ではないのですが、4月末になって、なかなか重いニュースが来ております。 大阪ではかなりのコロナ感染者が急増しており厳しい状態、そして緊急事態宣言が出て、さらなる自粛に入ってしまいました。軒並み大型店舗も休業へ、学校活動も大幅に縮小と重い雰囲気を味わっております.....。 一方で、日本だけではなく世界は株高を維持しているようで、相変わらず投資をしていて非常に助かっている状態、本当に相場を読めないと実感しております。 2021/4 運用状況 先月末 今月末 前月比 年初来 かえる資産 -0.75% 6.55% TOPIX 1954.00 1898.24 -2.85% 5.18% マザーズ…

  • 2021年3月末 運用状況(直近1年はイケイケのチャートですね)

    直近1年のチャート見てみると、コロナショックなんてなかったチャートになって来ていますね。 あっと言う間の1年でした。ですが、非常に世の中の動きが変わった1年でした。 センスはないと自覚しておりますので、スタンスは変えずに気長に続けていくだけでございます。 せっかくなので、日経平均のチャートですが、1年と3年のチャート ああー確定申告まだなんです! 2021/3 運用状況 先月末 今月末 前月比 年初来 かえる資産 4.09% 7.36% TOPIX 1864.49 1954.00 4.80% 8.27% マザーズ 1214.09 1203.28 -0.89% 0.57% S&P500 3829…

  • 勝手にボーナス作戦! 確定申告は苦手だけど還付のために頑張ります

    気付けは3月15日を過ぎていますね。所得税の確定申告、納税の必要があれば本来ですと 2月16日~3月15日までに申告と納付が必要ですが、今年も昨年と同様にコロナ禍のため、4月15日までと延長となっています。※延長はされましたが、期限までに納付くださいね。 ちなみに確定申告によって、還付を受ける場合はこの限りではなく、年明けから還付の申告は可能ですし、4月16日以降でも可能です。 ボーナス気分を味わいたいので還付申告 会社員ですが、ボーナスがない契約にしてもらい雇用されています。 ただ、なんとかその気分を味わいたくて、節税も兼ねた一石二鳥のテクニックを思いつき実行しています。会社員ですので本来で…

  • 2021年2月末 運用状況(日経平均が30,000円イケイケですか?)

    2020年は、ダウの30,000ドルが話題になりましたが、今年は日経平均が1990年8月以来、30年ぶりの30,000円台を回復したことが話題になりました。 しかしながら、実態の景気の強さは感じられないのに、株価先行の状況に非常に戸惑っています。投資というリスクを取って恩恵を受けてはいるのですが、喜びにくいですね。 ニュースを見てみると、投資をスタートされている方が増えてきているようです。一方で、売りたいという相談も増えてきているように感じます。コロナショックの時もそうでしたが、リスク許容度を再度確認するいいチャンスなのかもしれませんね。 毎月定額を投資する少額投資非課税制度(つみたてNISA…

  • 楽天証券×セキュリテ:食の未来を守る有機野菜ファンドに出資

    セキュリテで29本目となる投資としまして【食の未来を守る有機野菜ファンド】に、楽天証券を通じで出資をしました。 楽天証券でもインパクト投資が可能に 楽天証券株式会社(代表取締役社長:楠 雄治、本社:東京都港区、以下「楽天証券」)は、関係当局の認可取得等を前提に、12月28日(月・予定)より、新たにクラウドファンディングのサービス提供を開始し、ミュージックセキュリティーズ株式会社(東京都千代田区:代表取締役社長 小松真実、以下「MS社」)を通した幅広い投資の機会が可能になることをお知らせします。 楽天証券では、若年層や投資初心者の方の口座開設数が増加しており、国内株式やFXなどのトレーディングを…

  • ある運用会社の分配額にびっくり 久しぶりに高分配ファンドを見た

    日経の有料記事になりますが内容を見ていて、すこし気になった表があったので、備忘録的としてのメモです。 www.nikkei.com ある表とは、お金の出入りの多さにびっくりさせられる、運用会社別の資金流入額上位でした。. ある運用会社は1か月で分配金支払額が828億円 2位の日興アセットマネジメントだけ、分配金の支払額が突出しているんです。毎月分配ファンドがまだまだ人気があるのかな?と思っていたのですが、ちょっと違うようです。 ちなみに毎月分配型のファンド、特に分配金利回りが高いファンドについて、2017年に金融庁が「運用効率が良くない、元本を取り崩している状況」として、よくないファンドに挙げ…

カテゴリー一覧
商用