searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE
ブログタイトル
ぶんこや
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/bunkoya/
ブログ紹介文
読んだ文庫の記録帳です。
更新頻度(1年)

集計中

ブログ村参加:2006/09/08

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ぶんこやさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ぶんこやさん
ブログタイトル
ぶんこや
更新頻度
集計中
読者になる
ぶんこや

ぶんこやさんの新着記事

1件〜30件

  • ごぶさたしています

    久しぶりに自分のページをのぞいたら、ランキングのリンクがひどいところに飛ぶようになっていて焦りました(笑)2010年末に日本に戻って5年。瞬く間に過ぎた5年で、ぶんこや身辺もめまぐるしく変わりました。久しぶりに戻ってこようかと思います。不定期に気まま

  • 『abさんご』黒田夏子 【by ぶんこや】

    abさんご [単行本]同じ部署の上司(とってもすてきなひとです)に借りた、芥川賞受賞作。純文学を読むのは、どのくらい久しぶりのことだろう。。。はじめの数行は、一文の長さに読みにくさを感じた。おお…これが純文学かよ、という、まさにそんな感じ。しかし、いつの

  • 『死ねばいいのに』 京極夏彦 【by ぶんこや】 (こっそり復帰?)

    ふふ・・・突然戻ってきました。ぶんこやです。(ふふ・・・じゃねえって)といっても、レビューを書くほどにはもどれないので、記録だけ。死ねばいいのに (講談社文庫)ふふ・・・いきなり戻ってきて、いきなりの本ですみません。電子書籍の販売

  • コンニチハ、そしてサヨウナラ

    ご無沙汰しております。ついこの間まで、この熱帯夜はいつまでつづくの~、と思っていたのに、そろそろ冬コートの算段をしなければならなくなりました。さてさて、非常に個人的な話になりますが、実はぶんこや、今までのようなやくざなフリーランスなんぞという立場

  • ついに 【by ぶんこや】

     発売当時の大ブレイクで、かえって恐れをなしてしまってずっと読むことができなかったこの作品。 ついに手に取ってしまいました。 はい、ワタクシ、もう20年にも及ぶハルキストでございます。1Q84 1-3巻セットクチコミを見る  以前にもたびたび書いて

  • きみはオトナか? 【by ぶんこや】

    わたしはいつ大人になったのだろう。わたしはちゃんと大人になっているのだろうか。二度目の成人式を過ぎてもなお、こんなことを言ってユルシテクダサイ。「大人になるということ」年齢を重ねれば大人になるわけではない。大人になる部分、大人にならない部

  • 普通に元気 【by ぶんこや】

    またレビューが滞ってますね。とりあえず普通に元気です。HANAは忙しいみたいですが、ぶんこやは特別忙しいということもありません。気持ちの面でいろいろあって、実はあまり読書が進まないのですが、本を読めば気持ちも変わるので、やっぱり読んだほうがいいなと

  • 心に勝るものはなし 【by ぶんこや】

     やっちまったよ、のぼう様。 総勢二万の石田の大軍に、そんな手法で体当たりかよ! 策があるのかないのか、はては愚か賢か。策略家なのかただの天然か。 ただ一つ言えることは、のぼう様は只者ではない。のぼうの城 下 (小学館文庫)クチコミを見る お

  • 流星のごとく 【by ぶんこや】

     久しぶりの東野サマだ。 あーんなにたくさん本屋に積まれていると、かえって圧倒されて手に取れなくなる・・・というのは冗談だけど、帰国して本屋に行ってまず驚いたのはあちこち東野サマだらけなこと。近所の大型チェーンショッピングセンターのちゃらい本屋だけ

  • 天性の魅力 ~のぼうの城(上)~ 【by ぶんこや】

    のぼうの城 上 (小学館文庫)クチコミを見る 歴史が好きで時代小説も好きだけど、なぜか戦国だけは苦手である。 ひとつには、その人物が語られるとき、どうしても戦術の優劣から評価されてしまうからだと思う。もちろん、戦いにおける胆力や知力の有無がその人物の魅力に

カテゴリー一覧
商用