searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

rockyさんのプロフィール

住所
埼玉県
出身
新潟県

自由文未設定

ブログタイトル
花の公園・俳句ing
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/rocky63/
ブログ紹介文
日本は素晴しい花の国。美しい花々と公園、四季折々の風景を記録したいと思います。我流俳句も詠んでます。
更新頻度(1年)

399回 / 365日(平均7.7回/週)

ブログ村参加:2006/05/20

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、rockyさんをフォローしませんか?

ハンドル名
rockyさん
ブログタイトル
花の公園・俳句ing
更新頻度
399回 / 365日(平均7.7回/週)
フォロー
花の公園・俳句ing

rockyさんの新着記事

1件〜30件

  • 渦巻く白花 サウンデルシィイ

    白い花びらが風車のようによじれて咲く、パキポディウムサウンデルシー。モザンビーク、ジンバブエから南アフリカ北東部原産の、キョウチクトウ科パキポディウム属、学名Pachypodiumsaundersii。和名・中国名白馬城(旧学名P.lealiisubsp.Saundersii)。多肉植物、観葉植物として人気があるようですが、花の写真はほとんど見つかりません。花は珍しいようですね。(茨城県つくば市筑波実験植物園2021年7月17日)◆梅・さくら・ばらなど花品種と「公園ランキング」の私のホームページはこちら→「花の公園花リスト」◆このブログの検索ウインドウが左上にあります。「このブログ内で」を選択し、短い1単語だけで検索してください。2単語以上だと機能しません。←クリックすると私の「花の公園」にポイントが入ります。...渦巻く白花サウンデルシィイ

  • 多毛のホーリーバジル

    この時期に元気に咲いている、ホーリー・バジルHolyBasil。アジア、オーストラリアの熱帯原産で、シソ科メボウキ属、学名Ocimumsanctum、シノニムにOcimumtenuiflorum。和名「カミメボウキ」神目箒。Dailyportalzさんによると、種を水につけると寒天状の皮膜ができるので、そのブヨブヨになった種を目に入れて、目のゴミを取ったことから「メボウキ」というのだそうです。ヒンディー語でトゥルシー(tulsi、तुलसी)。芳香があり、料理やハーブティとして利用されます。茎は多毛で、葉は卵形~長円形、周縁部はやや鋸歯状。なおスイートバジル(単にバジル、またタイバジル)はほぼ無毛で、学名Ocimumbasilicumで別種だそうです。(埼玉県東松山市武蔵丘陵森林公園2021年7月26日)◆梅・...多毛のホーリーバジル

  • ベルガモットは、花の後も美しい

    キレイな半球形の花、これは何だろうと思いました。白い点々がツボミなのか・・・しかしこれは、たぶんベルガモット(モナルダ)の花の後だと思いつきました。花弁がこうきれいになくなった状態は、なかなか美しいですね。何度も見ているはずですが、初物に見えました。モナルダは北アメリカ東部原産、毎年花を咲かせる多年草で、学名Monardadidyma。葉の香りが、柑橘類のベルガモット(ベルガモットオレンジ)に似ているので、この通称で呼ばれています。属名はスペインの植物学者モナルデスの名にちなみます。和名をタイマツバナというそうです。(埼玉県東松山市武蔵丘陵森林公園2021年7月26日)◆梅・さくら・ばらなど花品種と「公園ランキング」の私のホームページはこちら→「花の公園花リスト」◆このブログの検索ウインドウが左上にあります。「...ベルガモットは、花の後も美しい

  • 森林公園の夏景色

    武蔵丘陵森林公園で、切株から芽を出した木をみつけました。鳥が落とした種から芽生えたのでしょうか。水面がキラキラ光っているので、何が咲いているかと思ってよく見ると、アサざの葉の照り返しでした。ヤマユリはほぼ終わりかけ。今年は早咲きでした。キキョウが満開になっています。(埼玉県東松山市武蔵丘陵森林公園2021年7月26日)◆梅・さくら・ばらなど花品種と「公園ランキング」の私のホームページはこちら→「花の公園花リスト」◆このブログの検索ウインドウが左上にあります。「このブログ内で」を選択し、短い1単語だけで検索してください。2単語以上だと機能しません。←クリックすると私の「花の公園」にポイントが入ります。応援お願いします。アサザの葉の照り返し。キキョウ。ヤマユリ。森林公園の夏景色

  • 見栄えのする、フロックス・パニキュラータ

    この時期によく見かける、クサキョウチクトウ(草夾竹桃)。北米東部原産の多年草でハナシノブ科フロックス属、学名Phloxpaniculata。見栄えのする花姿で、世界の公園・庭園に植栽され、花色もいろいろな品種が作出されています。日本ではもと「オイランソウ」と呼ばれ、現在ではフロックス・パニキュラータまたは宿根フロックスと呼ばれることが多くなっているそうです。(埼玉県深谷市緑の王国2021年7月26日)◆梅・さくら・ばらなど花品種と「公園ランキング」の私のホームページはこちら→「花の公園花リスト」◆このブログの検索ウインドウが左上にあります。「このブログ内で」を選択し、短い1単語だけで検索してください。2単語以上だと機能しません。←クリックすると私の「花の公園」にポイントが入ります。応援お願いします。見栄えのする、フロックス・パニキュラータ

  • 野セリの 雄性期の花

    ミツガシワの中から白い花をのぞかせている、セリ(芹、水芹)。セリ科セリ属の多年草で学名Oenanthejavanica。Javanicaはジャワ産という意味ですが、日本原産で、東アジア、インド、東南アジアから、オーストラリア大陸まで広く分布します。春の七草の一つです。田の畦などに自生する野生のセリを「山ぜり」あるいは「野ぜり」とも呼ぶそうです。ここのは池のミツガシワの中に混じって生えているので、野ぜり、ということになります。花ははじめは雄性期で細いオシベが立ち、やがて雌性期になりメシベの柱頭が目立つようになるそうです。写真は雄性期の花でしょう。別名シロネグサ(白根草)。英名はwatercelery、Waterdropwort、中国名は水芹(スイキン)というそうです。(茨城県つくば市筑波実験植物園2021年7月1...野セリの雄性期の花

  • 淡ピンクの スパトグロッティス

    淡ピンクのラン、スパトグロッティスパキフィカ(パシフィカ)SpathoglottispacificaRchb.f1868。花色はもっと赤みが濃い個体もあるようです。ソロモン諸島、サンタクルーズ諸島、トンガ、フィジー、バヌアツ、サモアなどの、標高400m以下に分布する、高温を好むラン原種で、地生種です。属名のSpathoglottisはギリシャ語の「spatha(刀)+glossa(舌)」からなり、刃先のような唇弁の形から名づけられたそうです。(茨城県つくば市筑波実験植物園2021年7月17日、同2015年3月20日)◆梅・さくら・ばらなど花品種と「公園ランキング」の私のホームページはこちら→「花の公園花リスト」◆このブログの検索ウインドウが左上にあります。「このブログ内で」を選択し、短い1単語だけで検索してくだ...淡ピンクのスパトグロッティス

  • 孫たち3泊4日で、またおいで

    さっきまで、娘と孫が3泊4日で遊びに来ていて、帰っていきました。人出の多いショッピングセンターなどへは行かず、もっぱら家の中と近所の公園だけ。家庭菜園のトマト収穫などに、チャンバラごっこやバランスボール蹴り、かくれんぼなど毎日やりました。しかし今回はあまり疲れなかったような気がします。私たち夫婦はワクチンを2回接種して10日ほど経っているので、あまり神経質にならなくて良かった感じ。昨日は花火をやって大喜び。来るたびに大きくなって、良いですね。孫たち3泊4日で、またおいで

  • 真夏に咲く、純白のデンドロビウム・デアレイ

    夏の暑い時期に咲き出すラン、デンドロビウムデアレイDendrobiumdeareiRchb.f.1882。一般名Deare'sDendrobiumで、Deare氏は1800年代後半のフィリピン駐在英軍大佐だそうです。ボルネオやフィリピンの標高60~100mの海岸森に分布する、高温を好むラン原種で、着生種です。純白の花にはオシロイバナに似た淡い爽やかな香りがあります。(茨城県つくば市筑波実験植物園2021年7月17日、同2017年9月20日)◆梅・さくら・ばらなど花品種と「公園ランキング」の私のホームページはこちら→「花の公園花リスト」◆このブログの検索ウインドウが左上にあります。「このブログ内で」を選択し、短い1単語だけで検索してください。2単語以上だと機能しません。←クリックすると私の「花の公園」にポイントが...真夏に咲く、純白のデンドロビウム・デアレイ

  • 香りのツルイランイラン、爪は 鶯? 鷹? 鷲?

    青い花が黄色に変わってくる、ツルイランイラン。インド、ブータン、中国南部、台湾に分布する常緑木本で、バンレイシ科オウソウカ属、学名Artabotryshexapetalus。Weblio辞書によると、「イランイラン」とはタガログ語で「花の中の花」という意味だそうですが、イランイランノキとは別属になります。別名オウソウカ(鶯爪花=日本、鷹爪花=中国)、英名Climbingylang-ylang、Climbingilang-ilang、Eagle'sclaw(鷲の爪)。爪は爪でも日本ではウグイス、中国ではタカ、英語ではワシというわけで、面白いですね。ツル性の木で花が香るのですから、やはりウグイスが似合いでしょう。2m以下の若木は直立ですが、大きくなるとつる性になり、枝にある鉤状の棘(爪)で他の樹木などに絡みついて伸...香りのツルイランイラン、爪は鶯?鷹?鷲?

  • 薬草コガネバナ、またバイカル・スカルキャップ

    青い花が涼し気な、コガネバナ。なぜこれがコガネかと思っていたのですが、根の断面が鮮やかな黄色をしているために付けられたそうです。中国北部からシベリア東部,朝鮮半島にかけて分布する多年草で、シソ科タツナミソウ属、学名ScutellariabaicalensisGEORGI。別名をバイカル・スカルキャップ(縁なし帽)、またバイカルタツナミソウ。バイカルとはシベリア南西部のバイカル湖のことでしょう。草丈は50~60cm、花はキャップというとおり、帽子のようです。漢方の薬草で、公益社団法人日本薬学会HPによると、小石川植物園所蔵「薬草木書留」(1791・寛政3年)に,享保11年(1726)に朝鮮半島より種子を取り寄せたとの記録が残されており、これは八代将軍徳川吉宗(1684―1751)が実施した生薬の国産化の一環だそう...薬草コガネバナ、またバイカル・スカルキャップ

  • 向日葵のようなサボテン、瑠璃丸

    珍しく花が満開のサボテン、フェロカクツスアラモサヌス(瑠璃丸ルリマル)。サボテン科フェロカクタス属、学名Ferocuctusalamosanus。以前川口グリーンセンターでも撮ったことがありました。中心がオレンジ色、周辺は淡黄色で、ひまわりのような感じです。分布域はメキシコ北西部、SierraMadreOccidental山脈の西縁のÁlamos地域とChihuahua(チワワ)地域の、標高450~1300mだけに限られるそうです。若い株は柱状で、成長するに従い稜ができ球形となるそうですが、ここの株は高さが70-80cmほどあるがまだ球形になっていません。(茨城県つくば市筑波実験植物園2021年7月17日)◆梅・さくら・ばらなど花品種と「公園ランキング」の私のホームページはこちら→「花の公園花リスト」◆このブロ...向日葵のようなサボテン、瑠璃丸

  • 黄色と白の ソブラリア

    白っぽい花でノドが黄色の、カトレアに似た花型のラン、ソブラリアクサントレウカ(キサントレウカ)。全体にミディアムイエローでノドがオレンジ色、というのが標準的のようです。学名Sobraliaxantholeuca。一般名をTheYellowWhiteSobralia。メキシコからグアテマラの標高800~1600mに分布する、温暖~冷涼を好むラン原種で、着生種ですが時に地生します。高さが2メートルにもなるランで、細い茎が叢生し、葉は「タケ」のような披針形で互生します。花には嫌な臭いがあるそうですが、分かりませんでした。花は数日しかもちませんが次々に咲くようです。(茨城県つくば市筑波実験植物園2021年7月17日、同2015年6月10日)◆梅・さくら・ばらなど花品種と「公園ランキング」の私のホームページはこちら→「花...黄色と白のソブラリア

  • アジサイ科 !! の銀梅草、初めて

    絶滅危惧種温室に、花の少ないこの時期に咲いていた、白花のギンバイソウ(銀梅草)。筑波に10数年も通って、初めて撮れた珍しい花で、こういうことがあると嬉しいですね。アジサイ科(ユキノシタ科)ギンバイソウ属の多年草で、学名Deinanthebifida。関東以西の本州、四国、九州の山地の樹陰に生えるそうです。花びらのように見えるのはガク片ですが、白い5弁の花をウメに見立ててこの名がついたそうです、しかし梅というよりレンゲショウマに似た感じですね。(茨城県つくば市筑波実験植物園2021年7月17日)◆梅・さくら・ばらなど花品種と「公園ランキング」の私のホームページはこちら→「花の公園花リスト」◆このブログの検索ウインドウが左上にあります。「このブログ内で」を選択し、短い1単語だけで検索してください。2単語以上だと機能...アジサイ科!!の銀梅草、初めて

  • ヒマワリ咲き始め、ヒメアカタテハが・・・

    きのう梅雨明け、今日は朝からからりと晴れて夏です。菜園に妻が植えたヒマワリがおとといから咲き始めました。近寄ってみるとヒメアカタテハがやって来ていました。この頃はあまりチョウも見かけなくなりましたが、来てくれるとうれしいですね。(わが家で2021年7月17日)向日葵にタテハも遊ぶ鄙の夏rocky◆梅・さくら・ばらなど花品種と「公園ランキング」の私のホームページはこちら→「花の公園花リスト」◆このブログの検索ウインドウが左上にあります。「このブログ内で」を選択し、短い1単語だけで検索してください。2単語以上だと機能しません。←クリックすると私の「花の公園」にポイントが入ります。応援お願いします。まだ咲き揃っていません。ヒマワリ咲き始め、ヒメアカタテハが・・・

  • 梅雨明けに咲くラン、タタロウンのバチ弁

    花枯れの梅雨時に貴重な夏咲きのラン、リンコレリオカトレアタタロウン'ブルーメンインセル’Rhyncholaeliocattleya(Rlc.)Tatarown‘BlumenInsel。シノニムはBLC.です。梅雨の終わりの、暑さが激しくなる時期に咲く品種だそうです。配合はRhyncholaeliocattleyaMemoriaHelenBrown×Cattleyaguttata。リップの形状は原種グッタータに由来してバチ弁と言われ、三味線のバチから由来しています。作出・登録StewartInc.1982年。(埼玉県川口市川口グリーンセンター2021年7月14日、同2019年7月25日)◆梅・さくら・ばらなど花品種と「公園ランキング」の私のホームページはこちら→「花の公園花リスト」◆このブログの検索ウインドウが左...梅雨明けに咲くラン、タタロウンのバチ弁

  • 梅雨時に咲く、青いラン

    まだ梅雨模様ですが、昨日は雨は降らないようなので川口GCへ行ってきました。ラン温室ではランがいくつか咲いています。これは青紫の、濃淡のあるデンドロビウムジャクリン・トーマスDendrobium(Den.)JaquelynThomas。Jacquelynとしているサイトが多いのですが、登録名にはcがありません。9年前に何度か撮っていましたが、まだアップしていませんでした。配合はDen.gouldiixDen.Phalaenopsis。このトーマス氏がどういう人かわかりません。作出・登録R.K.Thomas1949年。(埼玉県川口市川口グリーンセンター2021年7月14日、同2012年8月24日、2012年9月29日)◆梅・さくら・ばらなど花品種と「公園ランキング」の私のホームページはこちら→「花の公園花リスト」◆...梅雨時に咲く、青いラン

  • 梅雨もいよいよ空けるかな?

    2021年の長梅雨も今日明日くらいでしょうか。ここ10日ほども雨つづきで、花探にも行けず、取り残したジャガイモは植えっぱなし、草ぼうぼうでどうにもなりません。しかし濃いピンクのエキナセアが今年は元気です。カサブランカもいま満開。少し気が晴れますね。(わが家で2021年7月13日)ユリ白く梅雨もいよいよ空けるかな?Rocky◆梅・さくら・ばらなど花品種と「公園ランキング」の私のホームページはこちら→「花の公園花リスト」◆このブログの検索ウインドウが左上にあります。「このブログ内で」を選択し、短い1単語だけで検索してください。2単語以上だと機能しません。←クリックすると私の「花の公園」にポイントが入ります。応援お願いします。畑の一角にヒャクニチソウの群落。コスモスもちらほらと。インパチェンスが元気です。梅雨もいよいよ空けるかな?

  • 夫婦でワクチン2回接種を完了

    きのう2021年7月11日に、夫婦二人ともコロナワクチン2回目接種を終えました。1回目の日にちは別々、場所も私は集団接種、妻は医院での個別接種でした。2回目は、私は3週間後の予約が取れずに4週間後、妻は予約日が遅いのでキャンセルして別の医院で予約し、偶然に同日になりました。2回目の副反応が強めだと言うので、夫婦は別々の日が良いと言われていましたが、結果オーライ。今のところ2人とも特にこれといった副反応はありません。私は1回目は少し筋肉痛のような痛みがありましたが、2回目はかえって軽いほどです。10日後に孫たちが来る予定になりましたが、2回接種済みなのですこし安心です。夫婦でワクチン2回接種を完了

  • 猿ナシの実がたくさん

    サルナシ(猿梨)の青い実を見つけました。サルナシは日本列島、朝鮮半島、中国大陸などに分布する雌雄異株または雌雄雑居性の落葉性つる植物で、マタタビ科マタタビ属、学名Actinidiaarguta。別名シラクチカズラ、シラクチヅル、果実はコクワとも呼ばれます。野生動物の食料として重要で、日本ではニホンザルやツキノワグマ、ヒグマなどが好んで食べるそうで、猿梨というわけです。味はキウィフルーツに似ているらしい。(埼玉県深谷市みどりの王国2021年7月3日)◆梅・さくら・ばらなど花品種と「公園ランキング」の私のホームページはこちら→「花の公園花リスト」◆このブログの検索ウインドウが左上にあります。「このブログ内で」を選択し、短い1単語だけで検索してください。2単語以上だと機能しません。←クリックすると私の「花の公園」にポ...猿ナシの実がたくさん

  • 花に置く露、7種

    連日の長雨。花に置く露を集めてみました。メインと下は庭のペチュニア2021年7月9日。これは庭のハイビスカス。これは古代蓮の里の、舞妃蓮2021年7月3日。これは庭のペンタス。これは庭のユリ。これは庭のヘリオトロープ。花に露は見えません。花に置く露、7種

  • 庭のユリが咲き、ひまわりが伸び、コキアも

    ここ1週間以上、雨・曇りつづき。花探どころではありません。ようやくわが家のユリが咲き始めました。丈が2m近くに伸び、いつ咲くかと待っていたのです。隣のアサガオも咲き出しました。菜園の奥に妻が植えたヒマワリが伸びてきました。コキアは未だ小さいですが、どのくらいに育つでしょうか。楽しみです。(わが家で2021年7月8日)菜園の奥にひまわり。まだ小さいコキア。隣の宅地開発が始まりました。庭のユリが咲き、ひまわりが伸び、コキアも

  • ナンジャモンジャ の実 実 実 !!

    別名ナンジャモンジャノキで知られる、ヒトツバタゴ(一つ葉田子)の実を発見。バァーッとたくさんの実が成っていて目立ちますが、実を見るのは初めてです。雄花をつける株と、両性花をつける株がある雄株・両性花異株だそうで、これまで撮っていたのは雄株だったのでしょう。実は秋には黒く熟すそうです。中国、台湾、朝鮮半島、日本では対馬、岐阜県東濃地方の木曽川周辺、愛知県に隔離分布し、樹高20mを超える大型の落葉高木で、モクセイ科ヒトツバタゴ属、学名Chionanthusretusus。(埼玉県深谷市緑の王国2021年7月3日、同2021年5月6日)◆梅・さくら・ばらなど花品種と「公園ランキング」の私のホームページはこちら→「花の公園花リスト」◆このブログの検索ウインドウが左上にあります。「このブログ内で」を選択し、短い1単語だけ...ナンジャモンジャの実実実!!

  • 黄ツリフネ型の、ピンクのツリフネ

    きれいなピンクのツリフネソウ(釣船草、吊舟草)が咲いていました。日本の北海道・本州・四国・九州、東アジア(朝鮮半島、中国、ロシア東南部)に分布する一年草で、ツリフネソウ科ツリフネソウ属、学名ImpatienstextoriiMiq.インパチェンス・テクストリィですね。本来ツリフネソウ(ムラサキツリフネ)はシロツリフネと同様、距の先が渦巻状にくるりと巻く、というのですが、これはほとんど巻いていません。Kaji's植物図鑑さんによると、「キツリフネは、他のツリフネソウと違い、距の先端が巻かないことや、葉が無毛で先が鋭くとがる」とあるのですが、このツリフネソウはキツリフネの特徴に一致します。それで花色はピンク。ツリフネソウは個体によって花色が微妙に違うのですが、特徴がこれほど違うとどう考えたらいいのか、難しいですね。...黄ツリフネ型の、ピンクのツリフネ

  • 開く音が聞こえる? 風船のような蓮のつぼみ

    昨日は雨が止むのを見計らって10時半頃に古代蓮の里へ。何度も見ていて、世界の蓮も咲いているものはほとんどみんなアップしたと思っていました。しかし大発見!!つぼみが風船のようにまん丸に膨らんでいるのをいくつも見つけました。これまでいろいろな所で蓮を撮っていますが、こんな風船のような状態は初めてです。昨日は雲が厚く、朝が来たのに気がつかないつぼみがあった、ということかもしれません。蓮は、咲くときにポンと音がするという説があり、この風船のようなつぼみが開けば、確かにポンと音がしそうな気がしますが・・・国宝臼杵石仏公式ブログによると子規や啄木の句に詠まれ、川端康成も小説に書いているそうです。「残念ながら石仏事務所のスタッフもそのような音は聞いたことがありません。」とあります。無印良品HP「蓮の花の咲く音」によると、蓮の...開く音が聞こえる?風船のような蓮のつぼみ

  • ヤマトシジミの、水色のオモテ

    羽の表が美しい水色のヤマトシジミ(大和小灰蝶、大和蜆蝶)。裏側の、灰色にゴマ塩の写真はたくさん撮っているのですが、表はなかなか撮れていませんでした。初めてに近い、きれいなオモテ写真です。花はゲラニウム・ピレネカムです。ヤマトシジミは日本には本州以南に分布する、たいへん一般的なチョウで、チョウ目・シジミチョウ科・ヒメシジミ亜科、学名Zizeeriamaha(シノニムPseudozizeeriamaha)。幼虫の食草はカタバミだそうです。(埼玉県深谷市みどりの王国2021年6月22日)◆梅・さくら・ばらなど花品種と「公園ランキング」の私のホームページはこちら→「花の公園花リスト」◆このブログの検索ウインドウが左上にあります。「このブログ内で」を選択し、短い1単語だけで検索してください。2単語以上だと機能しません。←...ヤマトシジミの、水色のオモテ

  • ピレネー山脈のフウロソウ

    ピンクの花と白の花が咲いている、ゲラニウムピレネカム(ピレナイクム)Geraniumpyrenaicum。別名ピレネーフウロ、英語名でhedgerowcranesbill(crane's-bill、生け垣のゼラニウム)、mountaincranesbill。スペイン・ピレネー山脈から南欧、西南アジア原産の多年草で、フウロソウ科フウロソウ属、学名Geraniumpyrenaicum。花色は青~紫ピンクが基本のようですが、白花の品種Geraniumpyrenaicumalbumもあります。(埼玉県深谷市緑の王国2020年5月5日、同2020年5月17日、2021年6月22日)◆梅・さくら・ばらなど花品種と「公園ランキング」の私のホームページはこちら→「花の公園花リスト」◆このブログの検索ウインドウが左上にあります。...ピレネー山脈のフウロソウ

  • 西洋ナツユキソウ 夏のあわ雪

    真っ白い、あわ雪のような花のセイヨウナツユキソウが咲いていました。モンゴル原産でバラ科シモツケソウ属の多年草で、学名Filipendulaulmaria。漢字では西洋夏雪草、英名はメドウスイートMeadowsweetというそうです。花や葉、根に甘い香りがあり、英名メドウスィート(Meadow=草原、Sweet=甘い香り)もそこから由来します。また花からは鎮痛、解熱などの効能のあるアスピリンが採取されるそうです。(埼玉県東松山市武蔵丘陵森林公園2005年7月10日、同2021年6月22日)◆梅・さくら・ばらなど花品種と「公園ランキング」の私のホームページはこちら→「花の公園花リスト」◆このブログの検索ウインドウが左上にあります。「このブログ内で」を選択し、短い1単語だけで検索してください。2単語以上だと機能しませ...西洋ナツユキソウ夏のあわ雪

  • 姫ひまわり、サマーナイト

    ゴールデン・イエローの花びらに濃いオレンジ色の芯が美しい、ヘリオプシスサマーナイト。米ペンシルバニア州NorthCreekNurseryの作出、命名だそうです。キク科ヘリオプシス属、学名Heliopsishelianthoidesvar.scabra‘SummerNights’。ヘリオプシス(キクイモモドキ)は宿根ヒマワリ(ヘリアンサス)と共に、姫ヒマワリと呼ばれるそうです。(埼玉県東松山市武蔵丘陵森林公園2021年6月22日、同2017年7月11日)◆梅・さくら・ばらなど花品種と「公園ランキング」の私のホームページはこちら→「花の公園花リスト」◆このブログの検索ウインドウが左上にあります。「このブログ内で」を選択し、短い1単語だけで検索してください。2単語以上だと機能しません。←クリックすると私の「花の公園」...姫ひまわり、サマーナイト

  • カヤの実を発見 !!

    森林公園のカヤ(榧かや)の木に青い実が成っていました。イチイ科カヤ属の常緑針葉樹で、学名Torreyanucifera。宮城県以南の太平洋側から屋久島までを原産とする。韓国の済州島にも分布する。雌雄異株で、幹は直立し樹高20m、周囲3mほどの大木になります。青い実はまだ熟していないようですが、熟したものを見たことはまだありません。植木ペディアによると、「カヤの実の種子から採取する油を燈明に用いたため、各地の神社仏閣等に巨木が残る。実は直径2~3センチ程度の楕円形で、でき始めは緑色だが開花翌年の10月頃になると紫がかった赤茶色に熟し、硬い殻に覆われていた核果が自然に現れる。種子には油脂が豊富に含まれ、灰汁ぬきして天日にさらしたものを炒めれば、ピスタチオやアーモンドよりも香りの高いナッツになる」とのことです。今日で...カヤの実を発見!!

カテゴリー一覧
商用