住所
杉並区
出身
東京都
ハンドル名
甘庵さん
ブログタイトル
うつわ屋のつぶやき
ブログURL
http://utuwaya.blog74.fc2.com/
ブログ紹介文
四季を通して うつわの楽しさ伝えます 選び方や使い方もお話しています
自由文
うつわ屋甘庵 器好きが高じて 器屋の主になり 気が付けば四半世紀も過ぎ  いつまでたっても心狭くて 首をかしげる器の情報には ついついけんか腰の物言いになる  大人げない輩です
更新頻度(1年)

58回 / 91日(平均4.5回/週)

ブログ村参加:2005/10/16

甘庵さんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 02/21 02/20 02/19 02/18 02/17 02/16 全参加数
総合ランキング(IN) 10408 10176 11202 11755 10735 12311 13693 949662サイト
INポイント 10 20 10 20 60 40 40 200/週
OUTポイント 20 40 50 50 80 80 40 360/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
コレクションブログ 41 38 45 46 41 51 58 7402サイト
食器・テーブルウェア 1 1 1 1 1 1 1 129サイト
今日 02/21 02/20 02/19 02/18 02/17 02/16 全参加数
総合ランキング(OUT) 21722 21725 22862 25190 26153 28086 34795 949662サイト
INポイント 10 20 10 20 60 40 40 200/週
OUTポイント 20 40 50 50 80 80 40 360/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
コレクションブログ 114 113 125 139 143 162 215 7402サイト
食器・テーブルウェア 1 1 1 1 1 2 4 129サイト
今日 02/21 02/20 02/19 02/18 02/17 02/16 全参加数
総合ランキング(PV) 0 0 0 0 0 0 0 949662サイト
INポイント 10 20 10 20 60 40 40 200/週
OUTポイント 20 40 50 50 80 80 40 360/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
コレクションブログ 0 0 0 0 0 0 0 7402サイト
食器・テーブルウェア 0 0 0 0 0 0 0 129サイト

甘庵さんのブログ記事

?
  • 春光を映すガラス

    晴れた窓辺は穏やかな温もりがり、長閑な縁側の年寄り気分に浸りそうです。並べる器の照明の元とは異なる、柔らかな表情を見せてくれます。ブルーグレーご紹介する荒川尚也さんの、長い定番品のヨーグルトカップも、良い表情になっています。シンプルな空気の点文が施されているだけで、全体がほぼスキガラスです。ただ点文部分は空気をアワを閉じ込めるため、着せていて厚み変化があります。たくさんのアワを入れた文様のグラスよ...

  • 春景色に重なる彩のマグ

    朝からどんよりとした空模様で、今にも雨が降りそうです。少し湿って埃っぽさがなくなるのは良いのですが、明日は暖かくなり花粉もどっと飛散する予報を聞いただけで、鼻がムズムズ目がかゆくなります。それでも春の雨は草木を萌えさせ、芽を膨らませるのに大切なので、対応策でしのぐことにしましょう。一雨ごとに春の景色に移り、空も野山も淡いトーンに染まり出すのが、待ち遠しいです。佐藤大寿 灰釉ロングカップ 2,700円径1...

  • 梅は咲いたか桜はまだかいな〜

    寒波はもう来ることがなく、これからしばらくは暖かな日が続くと、期待する予報を聞きました。今は梅が綺麗に咲いていて、芳しい香りが楽しめます。予報が当たれば桜の開花が早まるかもしれないですね。開花を表す桜前線は梅前線よりもスピードが早く、東北などで追いつくことがあり、場所によってはさらに早い桃前線も追いついて、梅と桜と桃までが同時に開花するところがあるそうです。サトウアカネ 加彩マグ さくら 2,160円径...

  • 柔らかな春陽が映る鎬文

    晴れた午後になると、荻窪銀花の窓からも春の陽が差し込みます。程よく柔らかな陰影を生み出して、器の表情を浮き上がらせます。光藤佐 白磁鎬飯碗 大 5,400円径12.3cmH6cmご紹介する速度感のあるシャープな鎬の、光藤佐さんの白磁飯碗も春陽に映えます。純白ではない磁器土の素地に、穴窯で焼かれて灰が降り自然釉となり、淡いブルーグレーの仕上がりが、柔らかな日の中ではより温かみを帯びます。陽に映し出された鎬文の陰影は...

  • 小ぶりなおひなさまも並びました

    小ぶりなおひなさまも並びました今日は暖かくなりそうです。蕾のまま切ってきた白梅、紅梅が、急に膨らみ出して花開いて、柔らかな香りを漂わせています。小ぶりで気軽に飾れるおひなさまを、並べていますが、さらに小さなおひなさまを加えました。久々に甘庵が作ったものです。 甘庵 一寸ひな 高さ3cmほど形を作りじっくり乾かして、墨や絵の具を細い筆で彩色するのですが、春の訪れを心待ちにしながら、楽しんで作れました。...

  • 水温む風情のグラス

    天気予報では寒波も今日までで明日からは、暖かな日がしばらく続くと言っていました。春の天気でハズレないことを期待しています。少なくても寒暖差の大きな日がないと良いな。「桜の開花も早まる可能性も・・・」と、そんな予報を聞いていて、今日は寒い荻窪ですが気持ちだけすっかり春めいてきて、このグラスをご紹介したくなりました。荒川尚也 5モールグラス 3,024円径6.3cmH8.5cm澄んだ素地を5本のモールが見せる、緩やか...

  • 甘すぎない花絵付けの器

    若くて突っ張っていた頃の甘庵は、器は無地が基本で、譲歩して抽象的な文様や絵付けまででしたが、三十路を過ぎたあたりから、どーんと許容範囲が広がりました。サトウアカネ左:加加彩マグ 2,160円 径9.5cmH7cm右:加彩たっぷりマグ 2,160円 径11cmH6.3cmそこには手仕事の器に手で描かれた、個性があり存在感や温かみのある、血の通った絵付けに触れ出したからです。赤絵面取湯呑 4,860円径7.8cmH8.9cm年を重ねるごとに、許容...

  • 春の素材を引き立てるボール

    連休最終日の今日も寒い日で、都心部では雪が舞っているようです。荻窪は降っていないのですが、どんよりした寒空で冬に舞い戻りました。小野寺友子 白磁ボール 5,832円径22cmH7.8cm今日ご紹介するのは白磁ボールは、天気にめげずに春らしさを感じたくて、小野寺友子さんならではのモダンな存在感で、春らしい食材や料理をニュートラルに捉えて、柔らかく穏やかに盛り映えしてくれます。白磁の和の鉢にありがちな肩苦しさがなく、...

  • 春陽の陰影

    昨日は積りしませんでしたが雪が降る荻窪でした。今日は打って変わって春の日が差し込んでいます。器や備品が煌めきや長い影を映し出しています。同じような太陽高度の秋とはどこか長閑な、春の気配になります。手仕事で生まれた器は量産品の器よりも、シチュエーションしだいて表情を豊かに変えてみせてくれます。テーブルや折敷やランチョンマットなど置く場所の素材や色で、四季折々、朝夕昼と違う窓辺の日差しや照明器具で表情...

  • 春の温もりを感じるおひな様

    今日から春をテーマにした器ご紹介する催しにしましたが、今朝は雪がぱらついていて何よりとても寒く、数日前の20度近かった日との気温差についていけません。そこで春を待つ気持ちでご紹介することにします。道楽かん工房の張り子の桃花ひなです。雅でいてほのぼのするお顔立ちが、春の訪れを感じます。型に和紙を何枚も貼り重ねて乾かし、二つに切って型から外し、また和紙でつぎ重ねて作る中空の軽い本体に、胡粉を塗りかせね...

  • たっぷりサイズが楽しめるぐい飲み

    今日ご紹介するのはパステルカラーが春らしい、ぐい飲みとしてはたっぷりめのサイズで、珍味入れや小さな小付けに使う方ファンが多い、巳亦敬一さんの三つ足ぐい飲みです。巳亦敬一 三つ足ぐい呑み ベージュ 3,456円径7.5cmH6.3cm特徴の三つの足がスキガラスになっているは、付けた足ではなく引き出して作り出しているからです。この作り方などの吹きガラスならではの、テクニックがこのぐい飲みの造形的な魅力になっています。巳...

  • 心が華やぐ飯碗

    もうすぐ節分を迎えます。暦で季節が変わるときですが、天気予報では一気に春の気温になるそうです。でもすぐにまた寒くなる振幅を繰り返して、少しずつに春になるのですが、待ち遠しい気持ちからファッションは、一足早く春の方も見かけます。藤田佳三 赤絵飯碗 4,320円左:径11.3cmH6.5cm右:径11.7cmH6.8cm年を重ねている甘庵はそこは無理はしませんが、うつわ屋として春めいた表情やイメージの器に、目がいってしまいます。...

  • 渋めだけど花のある七寸皿

    休みに春日に誘われて荻窪界隈を散策していると、梅の香りが漂ってきました。目をあげると白梅が咲き出していました。風はまだまだ冬なのですが、目と鼻でしっかり春を感じ取りました。光藤佐 粉青三島皿7寸 7,020円径20.5cmH3.8cmご紹介する器にも春を感じる花が欲しくなりました。といえ桜ではなく梅の感じの少し渋めのイメージです。光藤佐さんの粉青三島皿七寸です。三島というのは少し鉄分を含んだ素地に、削りや型押しで凹...

  • 休み前に使2たくなるグラス

    荻窪銀花は39年前から水曜日はお休みをいただいています。近年は水曜日とその前後にお休みをいただいています。というわけで甘庵には本日は週末気分になっております。荒川尚也 スクリュータンブラー 4,968円お得な旧価格品です左:径9.5cmH9cm 在庫1客右:径9cmH9.5cm 在庫1客大した働きもしていないのですが、休み前の夜には少しメローな気分になり、そんな時には少し濃いめの酒が欲しくなります。「ウイスキーがおすきでしょ...

  • ふっくら焼き上がりが美味しそうな飯碗

    今日ご紹介するのは土と炎が生み出した、仄かに赤い柔らかな発色が魅力の、久保田信一さんの粉引飯碗です。久保田信一 粉引茶碗  2,808円径12cmH6cm粉引は素地に白化粧土を施したうえに、釉薬をかけて焼き上げます。素地の釉薬の間にある化粧土が、焼成による窯変を見せたり、長く使うことで侘びた変化を見せたりします。つまり化粧掛けは無地なのに、絵柄や文様に変わる変化を呼び出す仕掛けです。この飯碗は焼き加減で「御本(...

  • 春の日差しに浮かぶデザートカップ

    日毎に日差しが伸びてきて、窓に差し込み方の変化からも、冬から春へ移る気配を感じ取れます。巳亦敬一 デザートカップ グレー 5,184円径13.2cmH6.5cm 今朝窓辺の棚の巳亦敬一さんのデザートカップに、すっと日が差して照らし出されて、ほんわかと浮かび上がっていました。巳亦さん独特の瑪瑙のような、不透明でいて澄んで深みのある、彩ガラスがいっそう柔らかな表情を見せたいました。複雑な手法で組み込まれた文様を、解き明...

  • 季節のごとに変えたくなる飯碗

    まだまだ冷たい北風ですが日差しからは春を感じます。季節の変わり目になると飯碗を変えたくなります。中條正康 飯碗小 3,780円径11.5cmH5.5cm季節の変わり目は飯碗を変えたくなります。そんな方には中條政康さんの絵替わり飯碗が楽しめます。色絵や金彩などで描かれたほんわかする絵付けは、毎日のご飯が美味しく楽しみになります。今日ご紹介する絵柄は二つで、これからの季節に綺麗に咲く椿文を梅紋です。中條さんならではの...

  • 控えめな色で盛り映えさせる皿

    空の色も食材も春めいてきました。春の野菜や山菜の淡い彩りが、美味しそうに華やぐ皿をご紹介します。藤田佳三さんの飴釉輪花皿です。藤田佳三 飴釉輪花皿 3,780円径17.2cmH2.3cm飴色の釉は控えめな彩りですが、それだからこそ様々な料理が盛り映えします。気品のある輪花の姿が料理に品格を与えてくれます。飽きのこない食材を選ばないこの皿は、料理人によく選ばれると聞いています。納得できる仕上がりです。藤田さんは赤絵...

  • 春色の四寸皿

    今朝は北風が冷たかったのですが、なぜか気分は春めいてしまうのは、日差しを空の色のせいかもしれません。スッキリ晴れていても柔らかな春の青空でした。ブルーグレー器にもいち早く春らしさを取り入れたくなり、今日ご紹介するオススメは、白磁なのに淡い緑の釉調の四寸皿です。穴窯で焼かれているために、薪の灰が降り釉薬に溶け込み、灰に含まれる少量の鉄分が還元炎で、柔らかく青みがかりました。自然の彩色なので、温かみが...

  • 日常使いでも姿アワ文が楽しめるガラス鉢

    荻窪は風もなく暖かい日差しの日曜日です。銀杏並木の足元にも少しずつ春を感じ取れる季節になってきました。お散歩、散策がてらにぜひ御来店ください。荒川尚也 三角モール鉢アワ 8,640円径21cmH6.2cmこうして春を感じ取ると、春野菜をたくさん入れたサラダが食べたくなります。そう思うとすぐに盛りつける器を連想してしまいます。荒川尚也さんの三角モール鉢アワです。家庭で使い勝手の良い七寸鉢のサイズで、また見込みが盛...

  • 心も潤す急須

    気温が上がってきたせいか、春の日差しを感じているのか、実情はお年頃なのでしょうが、ランチ後の甘庵は睡魔と戦う今日この頃です。立ち上がって棚のレイアウト直したり、ホコリをはらったりしますが、座るとまたすぐに・・・。加藤財 急須黒 後手丸 10,800円容積210cc結構効果あるのが、濃いめの緑茶をお気に入りの急須で、時間をかけて入れて楽しむことで、気持ちも集中し高まり、緑茶のカフェイン効果もあってか、なんとか乗...

  • マルチなボール

    だいぶ前の話になってしまいますが、古伊万里が実用に食器として見直され、小ぶりで単価的にも求めやすい蕎麦猪口が、もともと色々使える器の特性から、多目的な器として認知され、現在の多目的な器として人気を得ました。久保田信一 灰釉二彩(白土)丼鉢 4,320円径17cmH7cmこれ実は、どの日常の器には当てはめられることです。つまり実力のある日常の器の作り手たちは、当たり前のように心がけていることです。今日ご紹介する久...

  • 春の兆しを感じるガラス器

    どうも甘庵の気持ちは先走るようで、穏やかな晴れの日差しに春を感じ取れました。巳亦敬一さんのガラス器の彩りは、程よく温かみがあって春の器にピッタリ。巳亦敬一 サラサラ皿 R 3,996円W15cmD12cmH3.5cm 今日ご紹介するのは、取っ手のある姿に引かれてしまう、巳亦さんのサラサラ皿です。巳亦敬一 サラサラ皿 Ye 3,996円W15cmD12cmH3.5cm 見込み部分はスキガラスで、凹凸の花形に仕立てられ、立ち上がりからベージュにな...

  • シンプルで色々使えるカップ

    まだまだ寒さが続いていて、暖かな飲み物が美味しい季節です。お気に入りの器ならよりご馳走になります。藤田佳三 赤絵マルチカップ 3.780円径8.7cmH8.8cm 程よく入れて200cc今日はマイカップにオススメの色々使える、藤田佳三さんのマルチカップをご紹介します。粉引ベースの少しぽってりした素地に、リズミカルで華やかな赤絵花唐草が、使い楽しみを広げてくれます。吉祥文様なのでプレゼントにオススメです。底面を広くとった...

  • 水を景色にする花入

    今日ご紹介するのは荒川尚也さんの球花入です。ころんとした名前のままの球形の小ぶりな花入です。両手で持った時の掌と量感が、すっと馴染む心地良さを感じます。荒川尚也 球花入 6,240円径11cmH9cm口も大きくないので、数輪の草花を生けるのにむいています。それよりも花を生けるば、当然花入を水で満たします。この水を見るための花入です。球形の花入が水で満たされると、レンズのような水晶玉のような、見入ってしまう景色...

  • 小さな皿で楽しむ

    今日ご紹介するのは器で遊べる、中條政康さんの絵替小皿です。中條正康 絵替小皿 2,160円径9.5cmH1.5cm左:梅  右:春の山菜三寸強の小さな皿なので、盛りつけるものはメインの料理ではなく、少量でも堪能できるもの、季節感を楽しめるもの、目から味わうものなど、食卓に広がりを生み出す使いかたが、似合う器です。中條正康 絵替小皿 2,160円径9.5cmH1.5cm左:金彩杉  右:松に月可愛い絵替わりの文様も、盛り付けに遊び...

  • 盛り付けが楽しめる器

    今日ご紹介するのは巳亦敬一さんのデザートカップです。ガラス器は夏の器だったのは過去のことです。寒くてもガラスの器を使うのが多くなっています。特に巳亦さんのガラス器は陶器に似た、暖かみのある質感や表情や彩りを持っているものが多く、暖房の効いた乾いた室内では、うるおいを持ったしつらえになります。巳亦敬一 デザートカップ 紫 4,212円径11cmH8.2cmご紹介しているデザートカップ紫は、上品で立体的な紫の文様と、...

  • 困った時忙しい時迷った時の助っ人鉢

    寒さが続いたせいか今日は少し楽な陽気の荻窪です。晴れの日が続きわずかずつ日が伸びが気がして、春を少しだけ感じ取れています。光藤佐 黒釉八角鉢六寸五分 7,020円対角19.5cmH7cm今日ご紹介するのは銀花の人気定番バスト3に入る、光藤佐さんの黒釉八角鉢です。使い勝手の良さと料理映えすることが、この器の人気の理由です。特に使った方の買い足しや補充が多いのが特徴的です。そんな皆様から多く聞かれることに、「器選びに...

  • 組まれた器絶妙なバランス

    とっくに松が明けたのに、怠け癖がつきやすい体質のようで、まだエンジンがかからずにいます。それに寒いのも動きを悪くさせます。今日は定休日なので、パソコンの前にしがみついていないで、外出して所用を色々済ますことにします。藤田佳三 紅安南カップ&ソーサー 8,640円カップ:径8.4cmH6.9cmソーサー:径14.6cmH2.5cmさて今日ご紹介するのは、エキゾチックで可愛い文様の、藤田佳三さんの紅安南カップ&ソーサーです。文字...

  • ノドも気分も潤すポット

    乾燥していると口からウィルスが、入りやすくなるそうです。うがいが良いのですが、そうこまめにはうがいできません。その代わりにこまめに水分補給が、少し効果があるように思えます。そこでオススメなのが、お気に入りのポットにたっぷりお茶を入れ、ゆったりとお茶することです。加藤財 ポット赤茶 丸 12,960円容積500cc甘庵は加藤財さんのポットや急須を愛用しています。一押しです。隅々まで細やかに作られた美しい姿に和み...