ハンドル名
バイオ太郎さん
ブログタイトル
バイオの故里
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/riibs/
ブログ紹介文
身近なバイオ情報をお届けします。バイオ塾メンバー向けの教材として公開しています。
自由文
-
更新頻度(1年)

511回 / 114日(平均31.4回/週)

ブログ村参加:2005/08/05

バイオ太郎さんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 03/18 03/17 03/16 03/15 03/14 03/13 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 952,636サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ブログブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 11,639サイト
ベンチャーブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,974サイト
科学ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,176サイト
今日 03/18 03/17 03/16 03/15 03/14 03/13 全参加数
総合ランキング(OUT) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 107,639位 952,636サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ブログブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 369位 11,639サイト
ベンチャーブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 184位 3,974サイト
科学ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 168位 2,176サイト
今日 03/18 03/17 03/16 03/15 03/14 03/13 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 952,636サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ブログブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 11,639サイト
ベンチャーブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,974サイト
科学ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,176サイト

バイオ太郎さんのブログ記事

?
  • ゲノム編集「ヒト誕生」の研究 見合わせるべき 科学者ら提言

    遺伝情報を書き換えるゲノム編集と呼ばれる技術が、去年、中国で、安全性が確保されていない中、ヒトの受精卵に用いられ双子が産まれた問題を受けて、ドイツやアメリカなど各国の科学者らが「実際に子どもを誕生させる研究は世界的に見合わせるべきだ」とする提言をまとめました。NHKNEWSweb.,2019年3月14日ゲノム編集「ヒト誕生」の研究見合わせるべき科学者ら提言

  • 歯周病が慢性閉塞性肺疾患(COPD)の引き金に

    ~歯周病が重度な人はCOPDを発症するリスクが約4倍~日本の研究.,プレスリリース掲載日:2019.03.15九州大学日本医療研究開発機構九州大学大学院医学研究院衛生・公衆衛生学分野の二宮利治教授が主任を務める久山町研究の一環として、同大学歯学研究院口腔予防医学分野の竹内研時助教(現同大学共同研究員、名古屋大学大学院医学系研究科准教授)と山下喜久教授らの研究グループは、同大学医学研究院呼吸器内科学分野の松元幸一郎准教授らとの共同研究により、歯周病とCOPD(ChronicObstructivePulmonaryDisease:慢性閉塞性肺疾患)発症との関係を明らかにしました。https://research-er.jp/articles/view/78108歯周病が慢性閉塞性肺疾患(COPD)の引き金に

  • 分泌型PD-L1バリアントを介した免疫チェックポイント阻害薬耐性機序の発見

    ―免疫チェックポイント阻害薬治療耐性の克服を目指す―日本の研究.,プレスリリース掲載日:2019.03.15がん研究会日本医療研究開発機構2018年にノーベル賞を受賞された本庶佑博士らをはじめとする様々な研究者らによって、がんはPD-1並びにそのリガンドであるPD-L1などの「免疫チェックポイント分子」と呼ばれる免疫抑制性因子を巧みに利用して、免疫システムによる排除から逃れて増殖していることが明らかにされてきました。https://research-er.jp/articles/view/78116分泌型PD-L1バリアントを介した免疫チェックポイント阻害薬耐性機序の発見

  • 椎間板の成熟を制御するPAX1/9とSOX9によるアグリカン遺伝子の発現制御の仕組みを解明

    ~修復困難とされる椎間板の再生医療の実現に期待~日本の研究.,プレスリリース掲載日:2019.03.15広島大学京都大学広島大学大学院医歯薬保健学研究科の宿南知佐教授、同理学研究科の山本卓教授、京都大学ウイルス・再生医科学研究所の近藤玄教授らの研究グループは、椎間板の成熟に、PAX1/9とSOX9によるアグリカン遺伝子の発現制御が重要であることを解明しました。https://research-er.jp/articles/view/78120椎間板の成熟を制御するPAX1/9とSOX9によるアグリカン遺伝子の発現制御の仕組みを解明

  • Rac1発がん性タンパク質の恒常活性化メカニズムの解明と隠された薬剤結合部位の発見

    日本の研究.,プレスリリース掲載日:2019.03.15東京大学日本医療研究開発機構次世代天然物化学技術研究組合及び東京大学大学院薬学系研究科嶋田一夫教授の研究グループは、タンパク質の構造多型を解析可能な核磁気共鳴(Nuclearmagneticresonance,NMR)法を用いてRac1発がん性タンパク質の恒常活性化が構造多型の変化により生じていることを明らかにしました。https://research-er.jp/articles/view/78122Rac1発がん性タンパク質の恒常活性化メカニズムの解明と隠された薬剤結合部位の発見

  • タンパク質合成の正確性を保証する品質管理を誘導する特異的なリボソーム構造の発見

    〜衝突したリボソームが品質管理を誘導する特異的構造を形成する〜日本の研究.,プレスリリース掲載日:2019.03.15東北大学東北大学大学院薬学研究科の稲田利文教授と東京都医学総合研究所田中啓二所長、ドイツミュンヘン大学Beckmann博士、米国カリフォルニア大学バークレー校のIngolia博士らのグループは、様々な疾患の原因となる異常タンパク質の合成を抑制する品質管理の分子機構を解明しました。https://research-er.jp/articles/view/78125タンパク質合成の正確性を保証する品質管理を誘導する特異的なリボソーム構造の発見

  • 世界初のアルツハイマー型認知症に対する超音波治療の医師主導治験

    ―安全性を確認し本格治験へ―日本の研究.,プレスリリース掲載日:2019.03.15東北大学東北大学大学院医学系研究科循環器内科学分野の下川宏明(しもかわひろあき)教授、進藤智彦(しんどうともひこ)助教、江口久美子(えぐちくみこ)医師、東北大学加齢医学研究所老年医学分野荒井啓行(あらいひろゆき)教授らの研究グループは、低出力パルス波超音波(low-intensitypulsedultrasound:LIPUS)注2がマウスのアルツハイマー型認知症モデルにおいて認知機能低下を抑制する可能性があることを見出し、2018年6月より、世界で初めての医師主導治験を開始しています。https://research-er.jp/articles/view/78124世界初のアルツハイマー型認知症に対する超音波治療の医師主導治験

  • がん攻撃細胞 疲れにくく…仕組み解明 新薬へ期待 慶応大など

    読売新聞.,2019-03-17がん細胞を攻撃する免疫細胞「キラーT細胞」の働きが悪くなる原因をマウス実験で解明したと、慶応大などのチームが発表した。新たながん治療薬の開発につながる可能性があるという。論文が英科学誌ネイチャーに掲載された。https://www.yomiuri.co.jp/science/20190316-OYT8T50040/がん攻撃細胞疲れにくく…仕組み解明新薬へ期待慶応大など

  • イノシン酸を有効成分としたグリコーゲン蓄積促進用組成物 NEW 新技術説明会

    出願番号特願2018-084740公開番号特開2018-203713出願日平成30年4月26日(2018.4.26)公開日平成30年12月27日(2018.12.27)優先権データ特願2017-106080(2017.5.30)JP発明者檜垣靖樹中島志穂子後藤里奈出願人学校法人福岡大学発明の名称イノシン酸を有効成分としたグリコーゲン蓄積促進用組成物発明の概要【課題】より簡易に筋グリコーゲン蓄積を促進しうる化合物の提供。【解決手段】イノシン酸を有効成分として,筋グリコーゲン蓄積を促進することを特徴とするグリコーゲン蓄積促進用組成物。イノシン酸は,鰹節等に含まれるうまみ成分として身近なものであり,これを利用するなどにより,イノシン酸を有効成分とした筋グリコーゲン蓄積促進用組成物の提供が可能となる。本発明のグリコーゲ...イノシン酸を有効成分としたグリコーゲン蓄積促進用組成物NEW新技術説明会

  • 脳神経細胞新生剤

    出願人:丸大食品株式会社発明者:井福正隆,藤野武彦,馬渡志郎,杉山雅昭,小玉芳郎,府中英孝,柚木恵太出願JP2011050130(2011/01/06)公開WO2011083827(2011/07/14)【要約】本発明は、新規な脳神経細胞新生効果を有する物質を提供することを目的とする。また、当該物質により神経疾患の治療及び/又は予防に有効な脳神経細胞新生剤を提供することを目的とする。本発明により、プラズマローゲンを有効成分とする脳神経細胞新生剤が提供される。なかでも、主にエタノールアミンプラズマローゲン及びコリンプラズマローゲンを含む生体組織(好ましくは鳥組織)抽出プラズマローゲンを有効成分とする脳神経細胞新生剤が好ましい。https://kantan.nexp.jp/%E7%89%B9%E8%A8%B1/s2...脳神経細胞新生剤

  • バイオマス前処理

    出願人:ザ・ユニバーシティ・オブ・トレド,スガニット・システムズ・インコーポレーテッド発明者:ヴァラナシ,サシダール,シャル,コンスタンス・アン,ダディ,アナンサラム・プラサード,アンダーソン,ジャレド,ラオ,クリパ,パリパティ,プラビーン,クマール,ガニート出願2009-553631(2008/03/13)公開2010-521155(2010/06/24)【要約】イオン性液体前処理を使用することにより、糖生成の収率及び速度の改良されたリグノセルロースの糖への変換法が開発された。この新規な前処理戦略は、実質的にリグノセルロース系バイオマスの糖化の効率を改良する(収率及び反応速度に関して)。セルロース及びヘミセルロースは、それらの糖に加水分解されると、よく確立された発酵技術によってエタノール燃料に変換することがで...バイオマス前処理

  • 多能性の増強方法

    出願人:エージェンシーフォーサイエンス,テクノロジーアンドリサーチ発明者:リムビン,ハンジアニョン,タムワイレオン出願2012-539856(2010/11/18)公開2013-511274(2013/04/04)【要約】体細胞などの細胞で多能性を増強または誘導する方法におけるTbx3(GenBank受託番号:NM005996.3、NP005987.3、NM016569.3、NP057653.3)の使用を提供する。細胞を再プログラムする方法を記述し、本方法は、細胞内でのTbx3の発現および/または活性をモジュレートすることを含む。細胞は、幹細胞などの多能性細胞になりうる。さらに、体細胞などの細胞が多能性細胞の1つ以上の特徴を示すようにする方法を記述し、本方法は、細胞内でのTbx3の発現および/または活性をモジュ...多能性の増強方法

  • 高齢な誤嚥性肺炎患者の生命予後に関連する因子

    坂口紅美子,原修一日本摂食嚥下リハビリテーション学会雑誌/2018年22巻2号p.136-144高齢者では,老嚥により誤嚥性肺炎発症のリスクが増大する.先行研究では,禁食や安静が誤嚥性肺炎の回復に悪影響であるといった報告がある.そこで,高齢な誤嚥性肺炎患者の生命予後に関連する因子を検討した.DOIhttps://doi.org/10.32136/jsdr.22.2_136キーワード:誤嚥性肺炎,高齢者,予後,栄養状態,MNA-SF高齢な誤嚥性肺炎患者の生命予後に関連する因子

  • 口腔乾燥症診断チャートの開発

    伊藤加代子,船山さおり,勝良剛詞,金子昇,濃野要,池真樹子,井上誠著者情報日本摂食嚥下リハビリテーション学会雑誌2018年22巻2号p.153-160DOIhttps://doi.org/10.32136/jsdr.22.2_153キーワード:口腔乾燥症,診断基準,唾液口腔乾燥症診断チャートの開発

  • 記憶とは何か―脳はどう覚え、保ち、失うのか

    期間、意識や感情の関わりなど、さまざまな記憶の種類とメカニズム私たちの脳は、誕生した瞬間から膨大な量の情報にさらされる。自分のこと、そして周囲の世界のこと。その学んだことや体験したこと全てを留めておくのが記憶だ。ナショナルジオグラフィック」2019.03.14記憶とは何か―脳はどう覚え、保ち、失うのか

  • 癌の放射線治療と漢方の併用の考え方

    癌の放射線治療と漢方(1)日経メディカル.,2019/3/15この記事を印刷する癌の患者さんに漢方薬を用いて、放射線治療で生じる副作用の軽減や防止を図ることがあります。癌の治療や予防を目的に、日ごろから免疫力を高める漢方薬を服用しつつ、放射線治療時に起こり得る副作用症状に合わせて漢方処方を変更する場合が多いですが、放射線治療時にのみ漢方薬を併用する患者さんもいます。https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/koui/201903/560127.html癌の放射線治療と漢方の併用の考え方

  • ゲノム編集「ヒト誕生」の研究 見合わせるべき 科学者ら提言

    遺伝情報を書き換えるゲノム編集と呼ばれる技術が、去年、中国で、安全性が確保されていない中、ヒトの受精卵に用いられ双子が産まれた問題を受けて、ドイツやアメリカなど各国の科学者らが「実際に子どもを誕生させる研究は世界的に見合わせるべきだ」とする提言をまとめました。NHKNEWSweb.,2019年3月14日ゲノム編集「ヒト誕生」の研究見合わせるべき科学者ら提言

  • がん研有明病院が患者支援強化へ

    NHKNEWSweb.,03月15日国内有数のがん治療の専門病院「がん研有明病院」は、仕事や妊娠など多様化する悩みを抱えたがん患者の生活を総合的に支援する新たな組織を来月立ち上げ、サポート体制を強化することになりました。https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20190315/0026895.htmlがん研有明病院が患者支援強化へ

  • 神経幹細胞の休眠化・活性化機構を解明 ―眠った神経幹細胞から神経細胞をつくりだす―

    京都大学ウイルス・再生医科学研究所影山龍一郎教授、生命科学研究科今吉格教授、末田梨沙同博士課程学生、ウイルス・再生医科学研究所播磨有希子研究員(研究当時、現:ハーバード大学研究員)らの研究グループは、神経幹細胞の休眠化および活性化が2種類の遺伝子Hes1とAscl1によって制御されていることを発見しました。京都大学ウイルス・再生医科学研究所影山龍一郎教授、生命科学研究科今吉格教授、末田梨沙同博士課程学生、ウイルス・再生医科学研究所播磨有希子研究員(研究当時、現:ハーバード大学研究員)らの研究グループは、神経幹細胞の休眠化および活性化が2種類の遺伝子Hes1とAscl1によって制御されていることを発見しました。https://research-er.jp/articles/view/78093神経幹細胞の休眠化・活性化機構を解明―眠った神経幹細胞から神経細胞をつくりだす―

  • 日立と理研が、ヒトiPS細胞由来の網膜色素上皮細胞シートの自動培養に世界で初めて成功

    -再生医療の普及に向けて、完全閉鎖系自動培養装置による医療用細胞の提供をめざす-日本の研究.,プレスリリース掲載日:2019.03.14日立製作所理化学研究所株式会社日立製作所(執行役社長兼CEO:東原敏昭/以下、日立)と国立研究開発法人理化学研究所(理事長:松本紘/以下、理研)の共同研究チームは、再生医療用細胞の培養自動化をめざし、完全閉鎖系小型自動培養装置(図1)を用いて、ヒトiPS細胞由来の網膜色素上皮のシート状組織(RPE細胞シート、図2)の自動培養に、世界で初めて成功しました。https://research-er.jp/articles/view/78107日立と理研が、ヒトiPS細胞由来の網膜色素上皮細胞シートの自動培養に世界で初めて成功

  • オリゴ糖の⾼純度・⼤量化学合成を実現 〜医薬品などへの応⽤に期待〜

    日本の研究.,プレスリリース掲載日:2019.03.14鳥取大学これまでμg~mgオーダーのバッチ収量であったオリゴ糖を完全化学合成にて⾼純度で⼤量に合成する技術を実⽤化したこれまで主流の固相合成ではなく、新規の液相合成⼿法「オートメーテッド・エレクトロケミカル・アセンブリー(AEA)」(⽇本語訳:液相電解⾃動合成法)を応⽤し、オリゴ糖合成⼯程の⾃動制御化を実現した精製されたオリゴ糖は中分⼦医薬品をはじめとする医薬品の付与体などへの利⽤に期待される。https://research-er.jp/articles/view/78103オリゴ糖の⾼純度・⼤量化学合成を実現〜医薬品などへの応⽤に期待〜

  • STAP問題は終わらない

    「小保方殺し」九つの疑問『月刊WiLL』2015年3月号iRONNA小保方晴子さんの退職で、STAP問題は一件落着したかに見える。しかし、まだ数多くの疑問が残されている。小保方さんは本当にSTAP細胞を捏造したのか。いったい何のために。マスコミが指摘しない疑問点を徹底分析する。https://ironna.jp/theme/149STAP問題は終わらない

  • 遺伝子を調べがん治療 「ゲノム医療」学ぶ研修会

    がん患者の遺伝子を調べ効果が期待できる抗がん剤を選ぶ「がんゲノム医療」が来年度から本格的に始まるのを前に、遺伝子を調べた結果を患者にどのように説明するかなどを医師が学ぶ研修会が国立がん研究センターで開かれました。NHKNEWSweb.,2019年3月13日遺伝子を調べがん治療「ゲノム医療」学ぶ研修会

  • ゲノム編集で拒絶反応少ないiPS細胞 京都大が開発

    合田禄、野中良祐朝日新聞degital.,2019年3月8日16時00分ねらい通りに遺伝子を変える「ゲノム編集」の技術を使い、拒絶反応のリスクが少ないiPS細胞をつくる方法を開発したと、京都大iPS細胞研究所の堀田秋津講師らのチームが8日、米科学誌セル・ステムセルに発表する。https://www.asahi.com/articles/ASM384GDPM38UBQU00C.html?iref=pc_rellinkゲノム編集で拒絶反応少ないiPS細胞京都大が開発

  • ヒトiPS使い、小児の脳のがんをマウスで再現 東京大

    戸田政考2019年3月13日ヒトのiPS細胞を使い、治療が難しい子どもの脳のがんの病気の仕組みをマウスで明らかにしたと、東京大のチームが発表した。脳のがんの状態を再現したマウスを使い、治療薬の候補を見つけるとともに、他の小児がんに応用できる可能性も示せたという。論文は6日、米科学誌セルリポーツに掲載された。https://www.asahi.com/articles/ASM3472KZM34ULBJ01F.htmlヒトiPS使い、小児の脳のがんをマウスで再現東京大

  • 中国人が日本でワクチンを大量接種する訳

    濱木珠恵Presidentonline.,2019/03/12子宮頸がんを引き起こすとされるヒトパピローマウイルス(HPV)の新しいワクチンについて海外で関心が高まっている。英国や米国では使用が推奨されているが、日本では存在すら知られていない。医師の濱木珠恵氏は「私のクリニックでは予防接種を行っているが、希望者の多くは中国人で、日本人は半数以下。日本人の医療知識は世界で周回遅れになっている」と指摘する――。MSNニュースweb.,2019-03-12中国人が日本でワクチンを大量接種する訳

  • ただ働きする医師たち~知られざる“無給医”の実態

    先月26日、私たちはNHKのニュースウオッチ9で「無給医」と呼ばれる医師を特集しました。すると、ネット上で医師を中心に多くの反響をいただきました。「医学界のタブーである大学病院の無給医に首突っ込みますか」「学費払いながら診療に従事し、終電は当たり前の生活だった」「うちもトップが、この大学に無給医はいない(ということになっている。だから無給医とか会議でいうな)と言っていたらしい…」「無給医」とは、診療をしても給料がもらえない医師のことです。取材のきっかけは、世間を騒がせたあの事件でした。NHKNEWSweb.,2018年11月2日ただ働きする医師たち~知られざる“無給医”の実態

  • 医学生の約7割 将来の働き方に不安感じる

    将来の医師としての働き方に不安を感じている医学部の学生がおよそ7割に上るという調査結果がまとまりました。NHKNEWSweb.,2019年3月12日医学生の約7割将来の働き方に不安感じる

  • iPS細胞由来の移植細胞中に残存する未分化iPS細胞検出法の高感度化に成功

    プレスリリース掲載日:2019.03.11国立医薬品食品衛生研究所日本医療研究開発機構国立医薬品食品衛生研究所再生・細胞医療製品部河野健室長、佐藤陽治部長らの研究グループは、大阪大学大学院薬学研究科水口裕之教授及び藤田医科大学医学部松山晃史教授との共同研究により、選択的に未分化なiPS細胞を濃縮することができるウイルスベクター(ウイルスの感染機構を利用した遺伝子の運搬体)を開発し、これを利用することで、iPS細胞由来の移植細胞中に残存する未分化iPS細胞検出法の高感度化に成功しました。https://research-er.jp/articles/view/78014iPS細胞由来の移植細胞中に残存する未分化iPS細胞検出法の高感度化に成功

  • 手を加えずにバイオ医薬を評価できるNMR測定法を開発

    -高次構造に基づくバイオ医薬の品質評価への応用に期待-プレスリリース掲載日:2019.03.12産業技術総合研究所国立研究開発法人産業技術総合研究所【理事長中鉢良治】(以下「産総研」という)創薬分子プロファイリング研究センター【研究センター長夏目徹】構造モダリティ研究チーム竹内恒研究チーム長とハーバード大学医学部ダナファーバーがん研究所のHariArthanari博士らは、従来とは異なり炭素とフッ素の原子核間相互作用を活用してNMRの観測感度などを向上させ、従来と比べて一桁大きい分子量10万を超える大きなタンパク質の芳香族アミノ酸残基側鎖のNMR観測に成功した。https://research-er.jp/articles/view/78027手を加えずにバイオ医薬を評価できるNMR測定法を開発